水戸でのコンサート♪


少し前になりますが、8月27日に水戸の常陽藝文ホールにてコンサートがありました。

今回の共演は藝大在学時代からずっと伴奏をしているテノールのチョン・キヒョンさんです。

当日ホールでのゲネプロがあったのですが、なんとそこにはベーゼンドルファーのインペリアルピアノが!

なかなかお目にかかれないです。

通常ピアノは88鍵ですが、こちらは97鍵で最低音を長6度低いCまで、9鍵拡張しています。イタリアの作曲家でピアニストでもあったブゾーニの要望によるもので、8オクターブの音域は、バルトーク、ドビュッシー、ラヴェルなど、彼らが意図した響きを忠実に再現することを可能にしたそうです。

そんなピアノでのコンサートは満員のお客様に迎えられ始まりました。

プログラムはイタリアの歌曲からフランスもの、モーツァルトの魔笛や韓国の歌曲まで多様なものになりました。

とても楽しい時間を過ごさせて頂きました。関係者の皆さまありがとうございました♪